ホームページ > アジア > 記事の内容

ハンメイは明日正式に第10回防衛共有協定に調印する

(オブザーバーニュース)3月7日に報道されたヨンハップ通信社によると、韓国外務省は7日、カンジン外務大臣とハリーハリス米駐米大使が8日午後、外務省で正式に10日署名すると述べた。 日米防衛費分担協定

この協定は議会の承認を条件としており、韓国政府は4月に協定を発効させるよう努力しています。 合意によれば、韓国の国防費は2018年から1兆3,898億ウォン(約59億元)へと8.2%増加した。

ハンと韓国の間の上記の合意のプロセスは円滑ではなかったことが理解されます。 昨年末、アメリカは突然、毎年10億ドルの防衛費を負担することを提案し、毎年防衛料交渉を提案した。 韓国は、1兆ウォンが3〜5年に1回、話をすることができる最低収益であると主張し、交渉は行き詰まった。

この協定は1年しか経っていないため、韓国にとっては、来年後の11回目の防衛協定について今年の上半期が再び米国と交渉されることになるでしょう。 合衆国は、合衆国における合衆国の軍事配分方法を包括的に議論することを主張し、そして合意の有効期間は1年に設定されることを主張し、それが依然として毎年議論されるかどうかは状況次第である。

防衛拠出分担金は、米軍が米軍に支払った駐屯軍の費用で、米軍の朝鮮人労働者の給与、様々な米軍基地の建設費、および軍物流費の支払いに使用されます。 1991年以来、Hanmeiは9つの防衛費分担契約を締結しました、そして、9番目の契約は昨年12月31日に期限が切れました。

最新国際ニュース