ホームページ > アジア > 記事の内容

ペルー人の間の不安の増大

中国のニュースサービス、3月7日ペルー国立情報統計研究所(INEI)によると、南アメリカの海外中国ニュースネットワークによると、最近、ペルーの人口に対する不安の高まりから、民間非致命兵器の売り上げは1を超えると予想されます。 億ソル、前年同期比40%増。

日本の報道によると、INEIは、ペルー人の87%が安全ではないと感じており、そのほとんどが今後12カ月以内に暴力的な強盗の犠牲になると考えています。

INEIによると、ペルーの男性による民間の非致命的な武器の需要は総需要の約7割を占めており、その平均的な武器購入コストは3,000 solです。 。 ペルーの女性は武器に平均500ゾルを使います、そして、彼らはペッパースプレー、電気ショックと他の武器を買うのを好みます。

購入頻度に関しては、ペルー人は非致命的な武器を1年に1、2回購入します。 さらに、民間の非致命的な武器に対するリマの需要は、国の総需要の約60%を占めています。

最新国際ニュース