ホームページ > 北アメリカ > 記事の内容

空力指数は日本経済が不況を経験するかもしれないことを示します

3月7日、東京の新華社通信7月7日に内閣府が発表したデータによると、鉱工業生産の大幅な減少により、1月のコンセンサス指数は2.7から97.9まで低下し、3ヶ月ぶりに低下しました。

1月に、コンセンサス指標を構成する7つの指標すべてが低下しました。 その中でも、比較的大きい投資商品引渡指数、鉱工業生産指数、その他の指標が大幅に低下しました。

コンセンサス指数が低調に推移していることを考慮して、内閣府の日本経済の基本的な状況に関する判断は、前の停滞から減少の兆しを見せるように減少しました。 一部のエコノミストは、日本経済は不況に突入した可能性があると指摘しています。

同日発表されたデータによると、1月の主要経済指数は1.3〜95.9と5ヶ月連続で下落しました。

日本のニューマチック指数は、鉱工業生産などの経済指標に基づいて計算されます。 その中で、コンセンサス指数は経済の現在の状況を反映しており、先行指数は数ヶ月後の空力方向を反映しています。

(この記事はXinhuanetからのものです)

最新国際ニュース