ホームページ > アジア > 記事の内容

日本のメディア:福島原子力下水処理方法についての議論は大幅に遅れている

中国のニュースサービス、3月7日7日の共同通信報道機関の報告によると、東京電力の福島第一原子力発電所廃水の処理に関する日本政府の議論は大幅に遅れている。 日本政府委員会の最終会合は2018年末に開催され、それから2ヶ月以上が経ちました。 経済産業省は、事務局として、小委員会の委員の日程調整が難しかったためではないと述べたが、議論が遅れると、タンク改善計画と原子炉スクラップ日程も調整を余儀なくされる可能性がある。

精製水には放射性物質が含まれているとの報告があります。 国民の意見を聞いた後、サマリー結論の討議を強化したが、公聴会が開かれる前にはゴキブリ以外にも放射性物質が残っていることがわかった。 日本政府とTEPの隠された慣行は部外者から疑問を投げかけました多くの人々は長期保存が研究されるべきであると反対し、それから関連する議論は失速しました。

日本の小委員会は、地層への注入、海への放出、蒸発、水素の放出、そして地下埋設の5つの方法に加えて、長期貯蔵用のタンクをオプションとして使用しますが、政府と東ドイツの地位は永久保存できません。 審議の方法についての議論はまだ時間がかかります。

最も強力な選択肢であると考えられている排出量は、漁業関係の人々によって反対されており、地域の説明をして同意を得ることは大きな問題となるでしょう。 排水設備の建設に加えて、原子力規制委員会の承認を得なければならず、規制委員会の委員長であるコニタトシヒロ氏は、排出量の達成に要する時間は年単位であり、具体的なスケジュールを予測するのは難しいと考えています。

2月末の時点で、浄化後に貯蔵タンクに貯蔵されている水は約100万トンに達しました。 東京電力は、浄化前の水を含め、2020年末までにタンク容量が137万トンに達することを確実にする予定ですが、その後は決定されません。 溶融核燃料のような空間を確実に除去するためには、将来タンクを除去しなければならないが、もし水の処理を進めることができなければ、関連するスケジュールを調整しなければならない。

最新国際ニュース