ホームページ > アジア > 記事の内容

イエメンの紛争当事者は、オランダの撤退計画の第一段階は、25日に開始されることを確認した。

2月24日、クウェート市の新華社通信サナアニュース:イエメンイエメンによって管理されているマサイテレビは、24日、フーシ軍が25日にホッダ撤退計画の第1段階の実施を開始すると報じた。

Massila TVは、国連の調停の下で紛争当事者が2月19日と20日にオランダの撤退計画の第一段階を実行し始めたはずであると言って、名前のない人物としてHouseiを武装させたが、 サウジアラビア側はこの計画での立場を表明していないので、両当事者は25日まで実施を延期することに同意した。

サウジアラビアのアラバテレビ局は同じ日にニュースを確認し、紛争当事者は25日に撤退計画の第一段階の実施を開始すると述べた。

イエメン政府に任命されたホソダ共和国のハッサンタヒル首相は、24日、新華社通信にフースイ軍がオランダの撤退計画の第一段階の実施を妨害していると語った。 彼は、昨年12月に紛争の当事者が合意した合意を最終的に完全に履行することを視野に入れて、できるだけ早く計画を履行することをHouthiに求めた。

2月17日、国連主導の再配備調整委員会の枠組みの中で、イエメン政府とフーシ軍はオランダの撤退計画の第1段階で合意に達し、原則として撤退計画の第2段階に同意しました。 報道によると、撤退計画の第一段階は、食糧および石油を輸送するためにホーダ県の港から5キロメートルのHouthiの避難を含んでいた。

2014年9月、イエメン・フーティが首都サナアを占領し、後にイエメン南部を占領し、ハーディ大統領にサウジアラビアへの避難を余儀なくさせました。 2015年3月、サウジアラビアと他の国々は、Houthi軍に対して「決定的な嵐」と名付けられた軍事作戦コードを開始しました。 2018年12月、国連の調停の下、イエメン政府とフーシ軍は、ハイダの停戦や捕虜交換などの重要な問題について合意に至りましたが、すぐに双方は停戦合意を損なったとして互いに非難しました。

最新国際ニュース