ホームページ > 北アメリカ > 記事の内容

米国の "剣はイランを指す"ポーランドで会議を開いた、なぜヨーロッパの友人は買わないのですか?

米国はイランに言及し、ポーランドで国際会議を開きました。

現地時間の2月13〜14日、中東での平和と安全の将来に関する米国主導の閣僚会議がポーランドのワルシャワで開催されました。 しかし、この中東の平和と安定に関する会議は、反イラン共同会議と見なされています。

会議が始まる前に、ポンピオ国務長官は、イランが不安定にならないようにすることを含む中東の安定と平和、自由と安全に焦点を当てることを目的としたと宣言しました。 米国の同盟国、イスラエルのベンジャミンネタニヤフ首相もTwitterでイランとの闘いを表明したが、後にイランと闘うように変更したが、イランと闘う予定である。

第14回会議で、バーンズ米副大統領は、イランに対する米国の制裁を解除するメカニズムを作成したとして、イギリス、フランス、ドイツを非難し、同時に、イランの核合意から撤退することを求めた。 人権については、ヨーロッパのパートナーが私たちと一緒にいる時が来ました。 ポンピオは、中東が最初にイランを打ち負かすことができなければ、平和と安全を勝ち取ることはできないだろうと述べた。

しかし、ニューヨークタイムズ紙は、ロシアや中国などの多くの主要国が参加しておらず、多くのヨーロッパ諸国が低レベルの代表者だけに出席したり送ったりしていないために中東平和会議は非常に厄介になったとコメントした。

イラン側はこの会合を強く非難し、それを絶望的な反イスラエルと呼んだ。

新華社通信によると、イラン外務省は15日、これは失敗した会議であるとの声明を発表し、米国は反イラン同盟を結ぶためにこの会議を組織するために多大な努力を払った。 イラン側は、中東の現実を認識し、直ちにこの慣行を断念するように米国に要請したが、これは結果が得られない運命にある。

会議の後、ワーキンググループだけが設置されましたか?

ロイター通信によると、13日の夕方に始まった中東平和会議では、60カ国の外相やその他の高官、イスラエルのベンジャミン・ネタニヤフ首相、米バーンズ副大統領が招待された。 ポンピオ国務長官などが主役になるでしょう。

これはもともと地域の紛争を解決し、中東の平和と安定を促進するための国際会議でしたが、米国の指導の下、イランは出席をせず、イスラエルの首都としてエルサレムを認めたためパレスチナは出席を拒否しました。 国はまだ参加していない - 主人公は到着していない、このいわゆる中東和平会議は無意味です。

前回の報告によると、会議の議題には、イラン問題、シリア戦争、イエメン内戦、パレスチナ - イスラエル紛争などの中東の主要問題が含まれています。 しかし、それでも会議全体の焦点であり、出席しなかったのは依然としてイランでした。

ネタニヤフはこれをイランの拡大政策に反対する統一された会議と呼び、Pengsはイランが中東での安全保障上の脅威であると非難し、ヨーロッパ諸国にイランの核合意から撤退するよう求めた; Pompeoはシリアからの米国の撤退を説明した イランにより多くの制裁措置と圧力をかける必要性を指摘し、表明した。

トランプの義理の息子とホワイトハウスのシニアアドバイザーのクシュナーも14日のワルシャワ会議に出頭したことを言及する価値があります。 9日のイスラエル選挙後に発表された。

しかし、一般的に、この会議は結果と言えます。

新華社通信によると、会議の後、合衆国とポーランドは、テロ対策、違法資金の撲滅、エネルギー安全保障、ミサイル開発の抑制および核兵器拡散の分野における中東での協力を促進するための国際ワーキンググループの共同立ち上げを発表した。 イラン外務省は15日、このいわゆる会議の結果は意味がないとの声明を発表した。

ヨーロッパの友達はもう購入しませんか。

米国が率いるこのハイレベルの中東和平会議、イギリスのハンター外相がしばらくの間だけ登場し、フランスとドイツのみがローレベルの外交代表を派遣し、EUの外交政策上級代表は直接参加していない、ある程度も反映 中東問題に関する米国とヨーロッパ諸国の間の違いは徐々に増加しています。

イラン問題では、10年間の交渉の末、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、ロシアがついにイランとの間でイランの核問題合意(イランの核合意)に署名することに合意した。 しかし、2018年5月、トランプ政権は突然一方的にイランの核合意からの撤退を発表し、11月に完全にイラクに対する制裁を再開しました。

国際社会全体がトランプ政権の動きに不満を表明し、これが中東の状況の複雑さと不確実性を悪化させると信じていた。 伝統的なアメリカの同盟国、イギリス、フランス、ドイツもこのアメリカの行動を非難し、それはイランの核合意に残るだろうと述べた。 さらに、英国、フランス、ドイツも、イラクに対する米国の制裁を回避し、イランとの経済関係を維持するための行動を起こしました。

エルサレムポストによると、バーンズがイラクに対する米国の制裁を害しているとしてヨーロッパ諸国を非難したので、会議に出席している一部のヨーロッパ外交官はイランを良い結果に向かわせることを望みイランの核コミットメントを弱体化させたくないと述べた 米国と共同主導したポーランドでも、イランの核合意への支持を表明し、ポーランドの外務大臣Chaptovichは、イランの核合意は国際的な分野で重要な要素であると述べた。

さらに、シリア問題とパレスチナ - イスラエル紛争では、ヨーロッパ諸国とアメリカの違いが徐々に明らかになってきました。 シリアの問題について、トランプ氏は昨年12月、米国がシリアの米軍から撤退し、英国とフランスの間に不満を抱くことを発表した。 パレスチナ - イスラエルの紛争について、トランプは2017年12月に米国がイスラエルの首都としてエルサレムを認め、パレスチナに強い不満を抱いている一方で、英国、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国は依然としてパレスチナ - イスラエルの紛争を解決するための二国間解決に固執した。

CNNは、国際社会がイランをボイコットするように団結させることを望んでいる、米国におけるこの大規模な外交的業績は、最終的には、米国とその主要同盟国であるヨーロッパの間の不一致の増大を反映しているだけであるとコメントした。

文/谢莲

最新国際ニュース