ホームページ > 北アメリカ > 記事の内容

米国の司令官はシリアの撤退に反対します:テロ組織は敗北しない

(Observer Web News)イスラム国家(IS)との闘いを主導してきた米中央軍司令官のジョセフ・ヴォテルは、昨年12月にトランプがシリアから軍隊を撤退するという決定に反対し、警告したと公式に述べた。 テロ組織は敗北には程遠い状態にあり、シリアの陸軍はISからの脅威に対処する準備ができていません。

CNNの2月15日のニュースによると、Votelはその当時はこれが私の軍事的な提案ではなかったと述べた。 。 。 。 率直に言って、私はこの提案をしませんが、シリアを撤退するというトランプの決定について話すとき、彼はまだ指導者(カリフ)、兵士、そして資源があると指摘しました。 したがって、私たちの継続的な軍事的圧力が必要です。

Wallerはまた、Trumpがイスラム国家は脅威ではないと判断しなかったため、イスラム国家は敗北したと発表しただけであることも明らかにした。

「私たちは彼らを敗北させました」と私が言ったとき、「これは彼らがアメリカ合衆国または私たちの同盟国に対する攻撃を計画または指示する能力を持っていないことを確認したいのです」。 彼は言った。

ウォーラー氏は、米国がシリアから速やかに軍隊を撤退すると発表したとき、トランプ氏がこの件について相談していなかったと以前述べた。

トランプ氏の決定は合衆国の立法者に衝撃を与え、当時の国防長官であるジェームズ・マティスと国際イスラム反連盟を含む当時の合衆国特使であるブレット・マクレッグの辞任に直接つながりました。

2018年12月19日、米国のメディアは、米国は包括的かつ迅速な方法でシリアから軍隊を撤退することを計画していると述べていると米国防総省の関係者を引用したと理解されています。 その後、ホワイトハウスのスポークスマン、サンダース氏はこれを確認した。

シリアからの撤退のために、トランプ大統領は、米国がシリアの過激派勢力を敗北させた、そして過激派組織に対する軍事作戦が現在の政府がシリアを駐留させた唯一の理由であるという理由を挙げた。

実際、昨年3月末から4月上旬にかけて、トランプはシリアから部隊を撤退するという考えを公に2度提案しました。 彼は、シリアでの米国の軍事作戦は費用がかかり、そしてイスラム国家に対する米国の作戦は完了間近であると述べた。

最新国際ニュース