ホームページ > 南アメリカ > 記事の内容

愛媛県政府は約1億円の匿名の寄付を受け、ほとんどの紙幣は変色や付着を示しました。

2月14日に報道された日本の共同通信によると、愛媛県政府は14日、匿名での献金とメディアへの投機的現金約1億円(約610万人民元)を受け取ったと発表した。 見せる。 郡は、1月29日に知事の受領者であるカートンが郡庁舎に送られ、そこに1万円の紙幣が大量に劣化していると伝えた。 愛媛県政府は、日本銀行に紙幣の確認と交換を依頼します。 県知事の中村は、彼が寄付金を西日本での3018年7月の暴風雨の災害後のリハビリプロジェクトに使用したいと言いました。

1万円紙幣の束がいくつかありますが、それらは変色してはまっており、簡単にはがれません。 差出人情報は書かれていますが、カートンに置かれた手書きの手紙は住所と名前が存在しないことを示しています。 それが役に立つことができて、満足したくないという希望があると言われています。

中村氏は14日の記者会見で、次のように述べている。これは、寄付者ののれんに応じて、郡の市民を助けることになるでしょう。

最新国際ニュース